きゃさりんブログ

社会人2年目が日々の生き甲斐を見出そうと頑張るブログです。

パーソナルカラー診断で「私はイエべ春?ブルべ冬?」と泥沼化した話(3回受けたよ)

題名の通り、今日は私がパーソナルカラー診断の結果に翻弄された話をしたいと思います。

私は今までで簡易的なものも含めて3回パーソナルカラー診断をしてもらいました・・・(友達には「バカか!」と言われる・・・)

最近やっと自分で腑に落ちたというか、納得したので記念に更新します。

 

パーソナルカラーというものの存在を知ったのは私が大学4年生の時。

「自分に似合うカラーの化粧品や服を選ぶことで、買い物で失敗しない!」

「自分のパーソナルカラーに合ったものを身に付ければ、肌もきれいに見える!」

という効果があると聞いて感激しました。化粧品や服を適当に買って失敗することが多かったので何がなんでも私のパーソナルカラーを知りたい!と強く思いました・・・!

 

しかしそのときはまだ学生。調べてみると、パーソナルカラー診断には大体1万円前後かかるというじゃないですか・・・。卒業旅行等でお金を貯めないといけなかったので、しばらくは色んなサイトの自己診断をしまくっていました。

でも自己診断って、、「青の服を似合うと言われたことがある」「持っている口紅の色はコーラルorローズ系だ」っていう個人の主観による質問で結果が決まるから半信半疑でした。

だってそんなの、その人がたまたま似合う服や口紅を運良くチョイスしてただけかもしれないじゃん!

ちなみに自己診断の段階ではブルべ冬でした。

 

結論から言うと私はイエべ春の要素も含んだブルべ冬のようです。

この画像で言うところのVividタイプで、鮮やかな色が似合うそうです。

 

それでは私が3回に渡ってパーソナルカラー診断を受けてきた話に参ります」

 

1度目のパーソナルカラー診断(地元のコミュニティセンターにて500円)

2017年の3月頃、住んでいる町の広報を読んだ母が「近所で500円でパーソナルカラー診断してくれるってよ!」と私に言ってきて「そんなに安くしてもらえるの・・・?いくっきゃねぇ!」と飛び付きました。

1万円前後かかると思っていたパーソナルカラー診断がまさかの破格。

興味はあるけれど高いよ~と感じる人は、お住まいの地域の公民館やコミュニティセンターで行われている講座等をチェックしてみると良いかもです。

 

お化粧していくと性格な診断結果がでないので禁止と言われ、すっぴんで行くことに。

行ってみると他の受講者は40代くらいのマダムが5人いらっしゃいました。

私はぶっちぎりで最年少で焦りました。

で、講師の先生が私の顔を見て「あなたは春タイプ!」と言われました。

その先生は資格持ちと言うわけではなく、「近所のパーソナルカラー好きのおばちゃん」といった感じの人だったので「本当に・・・!?」と思っていましたが

色んな色の布を顔に当ててもらった時に、先生が仰る通り春タイプの鮮やかな色は顔が明るく見えたので、私はイエべ春だったのか~と納得して帰りました。

 

しかし、診断結果を受けイエべ春に良いとされるコスメを買い漁るうちに疑念が・・・!

例えば、イエべはオレンジリップが似合うとされていますが、私が塗るとど~てもスパゲッティナポリタンを食べたあとのような唇になったり・・・

 

レブロンバームステインのぶどう色2種類については、

画像左の05番クラッシュがブルべ向き、55番アドアーがイエべ向き、とされていますがどちらも塗ってみると「なんとなく05番の方が私に似合うよな・・・」と感じたり・・・

 

本当に私イエべ春!!?と思ったので別のパーソナルカラー診断を受けようと心に決めたのでした。

 

2度目のパーソナルカラー診断(マルイの休憩スペースにて3000円)

1度目の診断結果に疑問を抱きまくりだったので再び「安くパーソナルカラー診断受けれるところないかな~」と探す日々。

すると、マルイの休憩スペースで女性が色んな色の布を当てられている光景に遭遇して「こっこれは・・・パーソナルカラー診断をしている!!マルイでやってたんかい!!」と感動し、どうやったら申し込めるかを探しました。

 

ストアカ | 日本最大級のスキル・趣味・習い事のマーケット

このストアカというサイトから申し込めました👏

美容系以外にも様々な講座を申し込めるので、近所でどんな講座やってるのかな~と見るのが楽しいです😁

この講座は3000円で90分。定員は5人で、他の受講者は20代後半くらいのOLさんばかりでした。

講師の先生も資格持ちで、似合う化粧品の商品名を受講後にメッセージで送ってくれるという素晴らしいアフターサービスぶりでした。

で、布を当てられながら、他の受講者さんに「ここあさんの場合どっちの色が似合うでしょうか?」と質問をされつつ(恥ずかしかったけど皆さん初対面なのに似合う色の意見が一致してて面白かった)

商業施設の休憩コーナーなので他のお客さんにじろじろ見られつつ・・・

診断結果はブルべ冬でした!

でも先生曰く「ど真ん中の冬ではなく、春の要素も兼ね備えている。大切なのは透明感。濁りのある色だとくすみを拾ってしまうので濁色では清色を選びましょう」だったので、1度目のイエべ春という診断は誤診という訳では無かったのだなと納得。

 

1度目の診断ではイエべ春、2度目はブルべ冬・・・

あと一回どこかでブルべかイエべか教えてもらえたら納得できそう~~ということで

「またどこかで別の先生にやってもらえないかな・・・」と考えていました。

 

3度目のパーソナルカラー診断(洋服屋さんで0円!)

友達とマルイ(マルイ大好き)をブラブラしていたら、洋服屋さんに「パーソナルカラー診断します!」との看板が!!

友達に「このパーソナルカラー診断してもらいたい!でもしてもらったらこのお店の服を買わなきゃいけないのかな?」と看板の前で話していたら

お店のお兄さんが「本来は店の服を買うことが前提の診断になるんですが、今空いていますしブルーベースかイエローベースか2種類の診断だけなら無料でしますよ~」と言ってくださって(優しい)(親切)(神様か)

してもらえることに!

お兄さんの名刺もくださって、パーソナルカラーの資格についてやブルーベースとイエローベースどう診断するのかの説明がありました。

そこでは左手の指にシルバーのリング、右手の指にゴールドのリングをつけて診断するという方法でした。(シルバーが似合えばブルべ、ゴールドが似合えばイエべという判断)

友達が先にしてもらっていて、友達は即座にイエべという判断がでました。(私にも分かるくらいゴールドのリングの方が手がきれいに見えていた)

私の番では、お兄さんめちゃくちゃ悩んでいました。私もどちらも変わらないんじゃ・・・と思っていたけれど「ゴールドも似合うけれど、シルバーの方が色白に見えるからブルーベース!」と言われました。

 

その時、資格保持者のお兄さんですら迷うほど私のパーソナルカラーってわかりづらいんだ・・・だからイエべ春と言われたりブルべ冬と言われたりしたのか・・・

と納得。

でもどちらかというとブルべなら私は自己診断通りブルべ冬なのか~と思い

イエべ春と言われて買いそろえてイマイチだったコスメを捨て、ブルべ冬に良いとされるコスメを買いそろえました。(その話もまた今度書きたいな)

髪色もイエべ春と言われ茶髪にしていたけど、黒髪に戻してしっくりきてる😃💕

洋服もブルべ冬カラーを意識して買うとめちゃくちゃ褒められます😁✨✨

友達にはバカって言われたけど、3回診断してもらって本当によかった・・・

 

皆様も、パーソナルカラー診断の結果に疑問を抱いたときは、納得いくまで受けてみると何か悟りを開くかもしれません😊